視力回復に役立つ、賢いメガネ選びのポイントは!?

格安メガネ店が増えていますね。

簡単にメガネを作れますから、2つ、3つと、メガネを持ってる方多いですよね。

今日のコラムは、「視力回復するためには、どんなメガネがいいの?」についてです。^^

以前のパチクリ犬は、視力回復のために、メガネを作るということを、全く、考えていませんでした。。

メガネをかけたら、負け犬・・。視力は回復することはないだろうと思い込んでたんですね。^^;

それで、両目1.0で見えるようにメガネを作ってたんですが、完全矯正でメガネの度数を合わせるのって、視力回復の世界では、タブーなんですよね。。^^;

両目1.0以上に矯正したメガネにするとですね、裸眼の目は怠けるんですよ・・、汗。

目が、あ~っ、良く見える~~~~って、楽してしまうんです。

 

正しいメガネ矯正は、両目0.8以下で十分です。

やや低い矯正で調整したメガネこそ、視力回復には必要です。^^

低い度数のメガネなら、目も怠けられなくて、視力回復の気持ちも高まるんです。^^

「お目目さん、甘えてんじゃねえよ~!ビシバシ!」

と目に負荷をかけましょう。。

かわいい子には旅(苦労)をさせよ

この言葉のとおり、目も甘やかさないでくださいね。^^

 

もし、今、矯正視力1.0以上のメガネしてたら、それはやばいです。

格安のメガネ店でいいので、度数の低いメガネを作り変えてくださいね。そして、最終的に、視力回復トレーニングで、メガネのいらない生活を目指しましょう♪

 

PS/視力回復トレーニングを実践する方は、特にメガネの視力を落としてください。トレーニング期間に比例して、メガネの度数が強く感じるようになる可能性があります。ですので、矯正1.0以上のメガネをかけると見えすぎて頭が痛くなったりします。。(パチクリ犬の体験談です)

サブコンテンツ

このページの先頭へ